後縦靱帯骨化症の病気を知る|専門医で治療を受ける

病気の自己判断は危険

病院

メニエール病にはいくつか似ている症状をあらわす病気があります。自己判断は危険ですので、めまいや吐き気、難聴などの症状を感じた場合には、早めに医療機関を受診し、治療を受けるようにしましょう。完治までには時間がかかりますが、継続して治療を続けることで完治の可能性のある病気です。

もっと知ろう

予防を心がけることが大切

シニア

運動機能の低下を考える

後縦靱帯骨化症とは、背骨の中を通っている後縦靱帯というものが骨になることで脊柱管が細くなり神経が圧迫されて運動機能が低下したり感覚に障害が出たりする病気のことを言います。後縦靱帯の骨化が見られても、必ずしも発症するというわけではなく実際に発症する人はごくわずかの難病に指定されています。中高年に発症が多く、女性よりも男性に多いと言われています。後縦靱帯骨化症の原因は、ホルモン異常やカルシウムの代謝異常、糖尿病、老化、肥満など様々な原因があるとされていますが遺伝が最も多いと考えられています。運動機能が低下すると、日常生活に支障が出やすくなるので階段の上り下りで踏み外したり転倒などには十分気を付けます。

症状の悪化を防いでいく

後縦靱帯骨化症の治療は、主に保存療法になります。神経の圧迫を保護するために、固定器具をつけたり薬物療法や注射などが行われます。症状が重い場合には、手術が行われることもあります。後縦靱帯骨化症は、一気に症状が出て悪化することは少ないですが徐々に病気が進行して治療を行っても再発したり合併症を引き起こすこともあるとされています。一生かけて進んでいく病気であるため、その都度定期的な検査を行い経過観察をしっかりとすることが大切になります。軽度であっても、その後時間をかけてゆっくりと症状が進んでいくことがあるので首や肩、指などに痛みや痺れを感じるようになったら早めに整形外科を受診して治療を始める必要があります。

しっかりと治療する

シニア男性

リンパ組織内に癌細胞が発生し、全身の臓器に増殖する疾患を悪性リンパ腫と言います。悪性リンパ腫は、ホジキンリンパ腫と非ホジキンリンパ腫の2つの種類に分けられます。内科での治療は、化学療法と放射線治療法の併用が基本となりますが、癌が全身型の場合は悪性リンパ腫の種類によって選択される化学療法が異なります。

もっと知ろう

よりよい看取りのために

介護

世田谷区で在宅医療支援を行っている医療機関は、インターネットや世田谷区の電話相談センターなどで探すことができます。在宅医療支援を受ける前に、あらかじめ介護認定の申請を行うことを忘れないようにしましょう。

もっと知ろう