後縦靱帯骨化症の病気を知る|専門医で治療を受ける

病気の自己判断は危険

病院

似ている病気

激しいめまいや吐き気、難聴を伴う病気のことを「メニエール病」と言います。メニエール病は難病にも指定されている病気ですが、症状だけで自己判断をするのは危険です。メニエール病によく似た症状を持つ病気はいくつかあります。その一つに、メニエール病と同じように、グルグルと周りが回転しているかのように感じるめまいを引き起こす病気として、「遅発性内リンパ水腫」という病気があります。メニエール病との違いとしては、もともとジフテリアやウイルス感染、外傷により引き起こされる高感度音難聴の症状がある人が数年から数十年かけてめまいの発作が現れるということです。症状がよく似ているため、まずは病院で検査を受けるということが大切です。

リラックスすることが大切

メニエール病の診断は簡単ではありません。問診を十分に行った上で、他の似通っている病気ではないことを確認した上で、メニエール病との診断を受けることが出来ます。メニエール病に似ている病気は複数あるため、総合病院を受診するようにしましょう。また、めまいがある場合には、そこを選ぶようにすると良いでしょう。メニエール病はいつ、発作が起きるのか分からないというだけではなく、発作のない時には特に不自由を感じることもないことから、周囲の人からの理解を受けることが出来ない可能性があります。ストレスを感じないようにすることは難しいでしょうが、出来る限りリラックスをして過ごすことで、メニエール病の発作を抑える効果が期待されています。